お店紹介

能作

アイコン 商品一覧

株式会社 能作
代表取締役社長 能作 克治


鋳造における高度な伝統技術と新時代を開くデザインの融合。
富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が "高岡"の町を開いたことを機に、"商工業の町"としての発展を遂げることになりました。株式会社 能作は大正5年(1916)、この高岡の地に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る方法で、できた金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれています。能作の製品は、すべて高度な技術により製作されています。用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出しています。 創業当時は仏具、茶道具、花器が製品のほとんどを占めていましたが、近年はテーブルウェアやインテリア商品、建築金物などを通じて伝統工芸品である高岡銅器の魅力を今に伝え続けています。 その努力の甲斐あってか、オリジナルデザインの風鈴が'04年の日本デザインコミッティーのコレクションに選定されたり、錫シリーズが同年の富山プロダクツに選定ました。'08年にはオリジナルデザインのベルがMOMA(ニューヨーク近代美術館)の販売品に認定されるなど、能作がこだわり続けてきた金属材料と鋳造方法、デザインが融合した独自の世界が評価され始めたと感じています。 長い歴史の中で培われた伝統、技術、精神を、今の時代に照らし合わせ、次の世代へと受け継いでいくこと。能作は、「能」が詰まった味わいのある製品、「作」への好奇心を形にすべく、分野を越えたものづくりに挑戦し続けていきます。

能作のご紹介と工場の様子

能作のご紹介 工場の様子

会社概要

能作克也 社長
【会社名】 株式会社 能作
【本社/工場】〒939-1118 富山県高岡市戸出栄町46-1 TEL:0766-63-5080
【販売本部】東京都渋谷区神宮前3-35-8 ハニービル青山 TEL:03-3470-6181
【販売】直営店: 「高岡 能作」 〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店5F J.スピリッツ(ダイヤル・イン)TEL:03-3274-8533
・GALLERY SA-KU 〒933-0903 富山県高岡市熊野町1-28 TEL:0766-21-7007
・能作 松屋銀座店 〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座7F TEL:03-3567-1211(大代表)
【事業内容】主な製造品目 仏具、茶道具、華道具、インテリア雑貨、エクステリア、照明、錫(純度100%)製テーブルウェア、その他鋳物全般
【企業の特徴】多品種少量生産体制 (小ロットの対応可)。企画から製造までの一貫生産体制からセミオーダーや部分加工等の柔軟な対応。高精度且つ複雑な形状の鋳造加工。国内外のデザイナーとのコラボレーション
【代表者】代表取締役社長 能作 克治


ページトップへ