こだわりのポイント

いろくみ

手から生まれるオブジェは完成を知らない。
2枚のカードを組み合わせただけで、もうそれは作品だ。

こだわりのポイント:いろくみ

触り心地がとても気持ちがいいんです!
さあ、カードを手に取って、くみあわせてみましょう!

「いろくみあそび」って?

色彩のプロが作ったカードセットのことです。
様々な形や色のカードの「いろくみカード」を合わせるだけで、立体的で色の響きあうオブジェができます。

まる、さんんかく、しかく、だえんの形が大・中・小あり、光・大地・水、3つのテーマの色が12色あります。カードの表裏は違う色になっていて、表裏合わせて24色!

こだわりのポイント:いろくみ

子供達の創造力を引き出すパワー

「いろくみ」を使ったワークショップでは、「自分の子供には造形力が無いのでは?」という親の心配なんか払拭してしまうくらい、参加した子供たちは誰でもすぐ、いろくみ遊びに夢中になります。
つまりあらゆる子ども達の想像力を引き出すパワーがいろくみには潜んでいるのです。

こだわりのポイント:いろくみ


こだわりのポイント:いろくみ

簡単に組めて、簡単に壊せるところが、頭の中で想像するスピードにぴったりあっているのでしょうね。
それによってゴッコ遊び~空想の世界に無理なく入って行けるとのこと。
子供の創造力は無限大ですからね。
子供達の手から次々と生まれる作品には驚かされます。


さらに配色と造形のトレーニングが楽しく始められ、気軽に色彩センスが身につくなんて嬉しいですよね。
本格的な色彩教育ツールとして使われています。
子供だけでなく、美術が苦手な大人でも、美しい色使いとそれなりの造形がすぐに生み出せるので、表現する楽しさに集中できることが、いろくみの良さ!

中には、ピースが足らなくなり、また購入してくださったファンの方もいらっしゃいます。

お子様にも安心な触り心地

やさしい手ざわりのいろくみカードは、全て紙製で、手作業でカットされています。
表裏のマーメイド紙は手触りが良く、通常は芯材には使わない強度をもった板紙を使用しています。
価格が高めなのも、こだわりぬいた技術と素材の為です。

こだわりのポイント:いろくみ

いろくみのカードは、東京都墨田区にある工場で、熟練の技術を持つ職人さんが手作業でつくられています。
きれいに打ち抜くために微妙な厚みの調整は、厚紙を知り尽くした職人技。熟練の手技が、スムースな断面の仕上げを生み出していて、手を切るような心配がありません。

こだわりのポイント:いろくみ

こだわりのポイント:いろくみ

50年も使っている手動の機械は信頼の証。
きれいに打ち抜かれたのがわかりますね。


こだわりのポイント:いろくみ

通常の抜き型で抜ける、強化板紙のスリット幅は2.5mmと言われていますが、「いろくみ」ではスリット幅1.6mm。極めて精度の高い打ち抜きを行っています。 これができるのは、卓越した職人の力があるからです。


生みの親はデザインのプロ

小倉ひろみさんは、デザイン事務所・スタジオピーパ代表であり、大学の非常勤講師。さらには大手家電メーカーの製品色彩の企画・提案を手がけてこられた方!!
大学での授業用ツールとして、道具がいらず、平面から立体になる、造形力が無くても簡単に立体作品ができ、さまざまな配色を楽しめる、そんな造形アイテムがあったらと思い、探したのですが、世の中に存在していなかったので自ら作られたそうです。
2010年 Good Design 受賞
2014年 Good Toy  受賞
2015年 第9回キッズデザイン賞 受賞

こだわりのポイント:いろくみ


「とても大切な自己表現」小倉さんの想い

一人遊びよりも、いろくみを通して作品の鑑賞会「なにに見えるか、何を作ったのか」などの質問や発表をすることで、是非コミュニケーションを取っていただきたいです。
いろくみは作品づくりと鑑賞会を通して「自己表現」という、今の日本社会が見落としがちな、でもとても重要なコミニュケーション・スキルをトレーニングできます。プラモデルのように作って飾るだけではなく、是非、家族や友達と一緒に楽しんでいただければと思います。
よかったら、作品の画像をタイトルやコメントなどとあわせて、いろくみのフェイスブックに送ってくださいね。

ちなみに、天然素材主義担当の上田が作った作品は、こちら!
「ピッコロセット1 ¥3,024(税込)」を使いました。
タイトルは「私の住む街」。

こだわりのポイント:いろくみ

このように組み合わせないといけないという決まりはない。感じるままに色を組み合わせていけば、それが作品になる。1点ものは全く同じものが出来ないように、今日組み合わせたオブジェは今しかない。

その日の気分によって手に取るカードが違うのも、また面白い。

あなたの手の中には可能性が広がっています。
さあ、あなたは何をつくりますか?

こだわりのポイント:いろくみ


「いろくみ」の商品一覧はこちら

こだわりのポイント:いろくみ

※扱う際の注意点
ピース同士を「直行させて組む」組み方を幼稚園のお子さんには特に、丁寧に教えて頂ければと思います。
厚紙はスリットをねじ曲げると勘合がゆるくなってしまいます。

ページトップへ